TOPICS

2021/02/18

2021年2月18の日経概況

2021年2月18の東京株式市場は続落しました。
終値は前営業日比56円10銭(0.19%)安の3万0236円09銭でした。
米国市場は続伸と反落のまちまちな動きが続きました。
日本市場はダウ指数が最高値を更新した流れを引き継ぎ、19円高でスタート、
急上昇への反動から利益確定が出て下げて終わりました。
下値で押し目買いが入る流れに変化はありませんが、
テクニカル的には気になる動きが出ています。
本日も最後までしっかりお読み下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【米国市場の動向】

米国市場は続伸と続落のまちまちな動きになりました。
ダウ工業株30種平均は3営業日続伸して、
前営業日比90ドル27セント(0.3%)高の3万1613ドル02セント、
ナスダック総合株価指数は続落して
前営業日比82.004ポイント(0.6%)安の1万3965.495で取引を終えました。

1月26~27日開催のFOMCの議事要旨が公表され、
金融緩和が長期間続くとの見方が優勢、買いが進みました。

直近の上昇を背景に、上げ幅の大きかった金融、半導体の一角に
利益確定の売りが出て上げ幅は限定的でした。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の動向】

日本市場は米国市場の続伸を背景に19円高で
小幅に買いが先行してスタートしました。
買いが一巡すると、急上昇に対する警戒感が強く

利益確定の売りが広がることで
8割の銘柄が下げて終わりました。
値嵩株のファーストリテイリングが買われ

市場を支えたことや、押し目買いが入って
で指数の下げ幅は限定的でしたが、
過熱感に対する警戒感は常に市場に中に待機しています。

電気・ガス、空運、医薬品の3業種のみが買われ、
最近活況だった証券、その他金融業、銀行、保険など
金融関連に売りがでると同時に
鉄鋼、非鉄金属、自動車、海運業などの景気敏感セクターにも
売りが波及しました。

日経の日足は長上ひげを持つ短陰線を形成しました。
前日の高値は切り上げ、安値は切り下げたので、
持ち合いの形が続いたのは間違いありません。

ただし、2日前の安値まで割り込んでいるので
明日の動き次第では30,000円までの
調整も視野に入ります。

実体を含む日足全体がボリンジャーバンドの
+2σの外に位置する流れから、
中に入ってきたので、
一回過熱感を解消する動きが予想されます。

東証1部の売買代金は概算で2兆8854億円、
売買高は15億7991万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は1713、
値上がりは406銘柄、変わらずは75銘柄でした。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

ドル・円レートの高値警戒感から
輸出関連銘柄には下げ圧力が働くことに対して
前日の戦略で解説しました。

本日は早速自動車関連、鉄鋼などが
強く押されました。
その証券、銀行など、過熱感が意識されやすい
金融関連も一旦手放す動きにつながりました。

市場の不気味さを増幅させているのは
ナスダックの続落で、
ダウ平均の連日高値更新よりも
気になる動きです。

それを反映してアドバンスト(-3.67%)、
東京エレクトロン(-0.6%)、日本電産(-2.18%)など
半導体、電子部品系の優等生たちにも
失速の可能性が見え始めました。
トヨタも-1.87%と市場への影響力が強い
主要銘柄に圧力がかかっているので、
明日の午前は特に警戒が必要です。

化学、鉱業の過熱感解消が明日はもっと進む可能性があるので、
超短期の空売り戦略も有効でしょう。
上昇トレンドは崩れてないので、
逆張り・短期であることはしっかり認識した上に実行してください。

空売りがまだよくわからない方は
基礎から高度な理論までを1日で学べる
1日丸ごと空売りセミナーに参加してください。
空売りセミナーに空売りを仕掛けるチャンスも用意しています。
http://www.tbladvisory.com/fuku/karauri/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【各市場の動き】
日経平均(円)
30,236.09 -56.10(-0.19%)
ドル・円
105.69 – 105.70 -0.33(-0.31%)
ユーロ・円
127.56 – 127.57 -0.44(-0.34%)
ユーロ・ドル
1.2068 – 1.2070 -0.0005(-0.04%)
NYダウ工業株30種(ドル)
31,613.02 +90.27(0.28%)
S&P500種
3,931.33 -1.26(-0.03%)
ナスダック
13,965.495 -82.004(-0.58%)

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/