TOPICS

2016/02/15

ジョン・シュウギョウのPick-Up_セリングクライマックス後の反転で注目する銘柄

5ヶ月ぶりの上昇幅を見せながら反発してきた日経。

セリングクライマックスを過ぎて反発を始めた今だからこそ

注目する銘柄を幾つかピックアップしてみます。

 

本日の注目基準は:

円高で大きく押されたけど、優良銘柄に分類される輸出・大型株。

下落が大きかった輸出・大型株には買い戻しの際に注目されます。

 

■ 注目銘柄1

 

6954ファナック

1月29日に暴落してから下値を試している状況です。

今回の暴落で悪材料は出尽くしたと言えるのではないでしょうか。

ここからギャップ(窓)を開けて抜け出すと

テクニカル分析でいうアイランドリバーサルで

トレンドが変わることが予想されます。

取り組み始めのポイントは、本日の高値を超えてくるところで注目、

今回の安値を切り下げるところで損失限定にしてみましょう。

 

■ 注目銘柄2

6752 パナソニック

同様に2月4日に大暴落してから下値を探る展開。

PERが11.50倍で、割安と評価され始めた東証の平均13倍よりも低く、

割安な水準にあると判断できます。こちらも底を抜け出したばかりなので

まずは少ない株数で慎重に取り組みを。

 

■ 注目銘柄3

7203  トヨタ自動車

優良・輸出・大型株銘柄に分類されるというならまずはこれ。

前日の安値を底値にして大きく跳ね返してきました。

PER8.88倍はまれに見る割安水準でPBR1.14はなおさら割安の判断がつきやすいレベルです。

とはいい、まだ底値は確定ではないので、

前日の安値を切り下げると損失限定を忘れずに。