TOPICS

2015/05/19

2015年5月19日日経概況

2015年5月19日の東京株式市場は3日続伸しました。

終値は前日比136円11銭(0.68%)高い2万0026円38銭でした。

お待ちかね4月28日以来、

約3週間ぶりの 2万円台回復です。

欧米株式市場が上昇したことや、

終盤を迎えている決算発表が投資家心理を改善させる

結果であることを反映して、強く上昇しました。

 

前日の欧米市場は堅調に動きました。

ドイツ株のDAX指数が147ポイント高の11594 ,

ロンドン株が小反発して8.38ポイント高で終了 しました。

 

新規の買い材料が乏しい米国市場ではありますが上昇して、

ダウ工業株30種平均が3日続伸で、

終値は前週末比26ドル32セント(0.1%)高の1万8298ドル88セント、

ナスダック総合指数は反発して

前日比30.147ポイント(0.6%)高の5078.439で取引を終えました。

 

材料が乏しい中、

5月の住宅市場指数が市場予想とは反対に悪化、

米景気の回復基調の弱さを披露することが、

緩和的な低金利政策の継続への期待につながり、

相場を引き上げました。

 

日本市場は欧米市場の上昇を受け、初めから2万円台を意識した

上昇で始まりました。

2万円台のせを確認すると利益確定に押される場面もありましたが、

後場は一貫して2万円台を維持、上昇幅を200円近くまで

広げる場面も見られました。

 

テクニカル的には4月28日と30日に開けた窓が埋まる陽線、

3日連続で窓を形成しながら上昇した後、

本日は上髭の若干長い陽線になりました。

過熱感が少し気になるところではありますが、

日本を始め,60%を締める外国人投資家が強気になっていることで、

すぐに崩れるとは思いにくい相場です。

明日は1-3月のGDP速報が 控えていますが

米国市場が大きく崩れない限り、下値は堅いのではないでしょうか。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆7137億円、

売買高は25億8423万株で、前日より増加、

東証1部の値上がり銘柄数は1242、

値下がりは514、変わらずは126でした。

 

見やすく大きいチャートは添付のチャートを参照してください。

http://www.tbladvisory.com/topics/20150519nikkei/

 

■各市場の動き

日経:                   20,026.38    +136.11      +0.68%

NYダウ(ドル):        18,298.88    +26.32        +0.14%

ドル(円):               119.89-02   +0.14円安    +0.12%

20150519Nikkei